highslide wordpress

5Cとは

ダイヤモンドは約30億年前に深さ150キロの地下で、必要な圧力と温度の条件がちょうど重なった時にだけ形成されます。

鉱山にダイヤモンドが見つけられるのは、噴火で地表まで運ばれた結果ですが、1500トンの鉱石を発掘して見つけるダイヤモンドは平均1グラムに過ぎません。

「ダイヤモンド」の語源はギリシャ語の「無敵」という意味の「Adama」に由来し、確かにダイヤモンドはその硬さと美しさにおいて、疑いなく無敵な鉱石です。

ダイヤモンドの特徴とグレードは5つのCで検定されます:

ダイヤモンドのブリリアンシー(反射光)を決めるカット(Cut、重さのカラット(Caratカラー(Colorというよりその無色さ、拡大鏡で瑕疵の数を検証するクラリティー(Clarity、そして不法または暴力活動の財源にならない保証である消費者の安心(Consumer confidence

中心的な基準として認識されがちですが、カラット数だけでダイヤモンドの価値を判断される訳ではありません。5つのCはそれぞれダイヤモンドの価値を影響するため、完ぺきな クラリティー、優秀なカットと高いカラーグレードを持つダイヤモンドは、それより大きいけどクラリティー、カットとカラーの劣るダイヤモンドより遙かに高価になります。